2007年02月02日

一人で街を歩くとき ※音量注意



これも気がつくと作ってから10年は経ってしまっている曲です(笑)。当時はまっていたJ.D Southerの「Go Ahead And Rain」とかPOCOの「Midnight Rain」なんかに影響されて作った曲です。面白いもので、「この曲のイメージで」と思って作ったときの方がきちんと「似ていない」曲が作れるんですよね…(笑)。

この曲は先代のシーケンサー、ヤマハのQY700でバックトラックを作り、音源はすべてローランドのJV1080で鳴らしています。ベースは打ち込み、ギターはアコギもエレキもVARIAXで演奏しています。ボーカルはSONARの中でコーラス・リバーブ・コンプレッサー・イコライザーをかけてあります。珍しく結構作りこんだ感じですね。


一人で街を歩くとき

初めて出会ったあの日も雨だった
降りしきる雨は優しかったはずなのに
僕は立ち止まる この雨の中で
君の言葉の意味も分からないまま

君が去っていく 振り返りもせず
傘もささないでずぶ濡れになりながら
僕を一人残し去っていく君を
追いかけることも出来はしない

In a gentle rain 残された僕は一人
It's raining im my heart 優しい雨に打たれて…

きっと雨が降る日に一人で傘もささずに
街を歩くときにはいつも僕は君を待つだろう

In a gentle rain 残された僕は一人
It's raining im my heart 優しい雨に打たれて…

In a gentle rain 残された僕は一人
It's raining im my heart 優しい雨に打たれて…


【データ】
詞・曲・打ち込み・アコースティックギター・エレキギター・ボーカル・コーラス:やんべひろゆき

※いつもに比べて録音レベルが高めなのでご注意下さい。
posted by らくた at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。